神々の館にて 〜 うちの PC 騒動記 (2006/1)
 

だから Intel が好き、の巻 (2006/1/24)

現在、ATHENA (ThinkPad X31) はリビングルームに置いてあり、無線 LAN 接続している。もともと Intel PRO/Wireless 2100 を内蔵しているのだが、これの動作がいまひとつ安定せず、しばらく使っていると通信が切れてしまう。そこで、NEC の WL54AG を PC カードスロットに突っ込んでいた。こちらは極めて安定している。

しかし、外出用に Air H" 用の AH-N401C を取り付けるときに、いちいち WL54AG を抜かないといけない。そして、帰宅すると今度は AH-N401C を止めて WL54AG に戻さないといけない。面倒くさい。

ふと思い立って Intel の Web を見に行ったら、PRO/Wireless 2100 用の新しいドライバ (Ver.1.2.4.35) が上がっていたので、ダウンロードして更新してみた。そしたら接続が安定したので、WL54AG は外して予備に回した。もちろん IEEE802.11b 接続だからのろいけれど、日常的に大量のデータをやりとりする使い方はしていないので、さほどの支障はない (と思う)。

ひとつ片付いたけれど、またゴタゴタ (2006/1/14)

Windows Desktop Search のデスクバーが動かなくなった問題は、1/3 付でリリースされた新バージョン (V02.06.0000.2083) にアップデートしたら直った。やはり、修正プログラムとの相性問題だったか。
ちなみに、駄目だった旧バージョンは V02.06.0000.2057。

Windows Desktop Search は、アイドル時にしかインデックス作成を行わず、操作を始めるとインデックス作成を中断する。だから、手空きのときに手作業で指示してインデックスを作らせるのが確実。インデックス作成を忘れると「検索しても見つからない」というトラブルにつながるものの、負荷軽減という意味では便利な仕様。

そんな中で、ふと出来心を起こして、Corega の CG-WLCB54GTU2 を ATHENA (ThinkPad X31) に取り付けてみた。アダプタの認識はうまくいったものの、まず Windows XP 側で無線 LAN の設定ができないという騒動が。製品添付のツールでは WEP しか設定できず、WPA-PSK を使うには Windows 側で設定する必要があるので困る。
これは、Windows XP を再起動したら直った。

ところが今度は、無線 LAN レベルだと通信できてるのに、DHCP サーバから IP アドレスをもらえないというトラブルが発生。固定 IP アドレスを設定しても駄目。頭に来て、NEC WL54AG に戻した。英語版 Windows XP なのがいけないんだろか。

Windows 更新にまつわるゴタゴタ (2006/1/11)

Windows のアップデートに関連するゴタゴタを二題。

緊急リリースされた WMF 脆弱性問題の修正プログラムをインストールしたら、Windows Desktop Search のデスクバーを起動できなくなった。ウィンドウを開いて検索することはできるけれど、ちょっと不便。
急場しのぎの対応策として、デスクバーのショートカットキー [Ctrl]+[Alt]+[M] を、Windows Desktop Search の検索ウィンドウ呼び出し用にアサインしておいた。

もうひとつ。1/11 付でリリースされた Windows の修正プログラムは、インストール後の再起動が要求されない。ところが、その状態のままで Office Update をかけて Office 2003 の更新を試みると、ファイルをダウンロードするところで失敗する。なぜか Windows を再起動したらうまくいった。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |