神々の館にて 〜 うちの PC 騒動記 (2007/6)
 

そういえば、の巻 (2007/6/23)

HESTIA で CD-R も DVD-R も書き込めないのは不便だ、という理由で Serial ATA 接続の DVD スーパーマルチドライブを物色、バッファローの DVSM-X1218FBS (中身はパイオニアの DVR-212) を取り付けたけれど、その際に、とりたてて書くほどのイベントは発生しなかったのだった。取り付けのときにケースで手を切って、血染めにしてしまったぐらいのもので。

GbE スイッチ投入、の巻 (2007/6/23)

3 日前のリストラで、スイッチの数を減らしてポートの無駄をなくした。もうひとつの主眼は、GbE に対応しているメカ、すなわち HESTIA、HELIOS、それと NAS を同じスイッチにまとめたこと。こうすれば、そのスイッチを GbE 対応にすげ替えるだけで、GbE 対応のメカが性能をフルに発揮できる。

当初、FS808M の代替ということも考慮に入れて、VLAN を設定できる GbE 対応スイッチを探してみたら、ちと高かった。なぜ VLAN を欲しかったのかというと。
VLAN を作れると、ヤマハルータを何台も組み合わせて VPN の実験をするのに、わざわざスイッチを増設しなくてもいい。同じスイッチを VLAN で分割すれば、一方は家庭内 LAN、他方はヤマハルータ用の実験 LAN、と 2 台分の仕事をできる。

しかし、それだけのために VLAN 対応スイッチを探すのは過剰投資というもの。そこで、普通の GbE 対応スイッチを物色してみたら。
本当はアライドのやつが欲しいところだけれど、そもそも店頭で扱っているところが珍しい。それに、アライドの GbE 対応スイッチはコネクタが前面に付いているのがイマイチ。「電源内蔵」「背面コネクタ」は譲りたくない。

それでヨドバシの店頭で思案した結果、候補になったのがバッファローの LSW2-GT-8NPR、それとコレガの CG-SW08GTR。そこで、なんとなくバッファローにしてみた。筐体にマグネットを内蔵しているので、CPU 切替機と強固に (笑) くっついてくれたのは助かる。プラスチック筐体だから、放熱には不安が残るけれど。

また、ケーブルについても見直して、CAT.5E のケーブルを GbE のメカに集中させた。これで 1000BASE-T 対応のメカが 1000BASE-T でつながり、本領を発揮できることになった。めでたしめでたし。(ただし、GbE 対応ながら無線 LAN でつながっている ARTEMIS については、無線のまま)
さらに、VLAN を設定する場面に備えて RTV700 の LAN 側を空けて、実験機も予備機もみんな、新しい GbE 対応スイッチにまとめた。完璧じゃないか。

変更後

スイッチ減らし、の巻 (2007/6/20)

以前、実験機が 4 台あったときには、実験機が載っているラックとその周辺だけで PC が 5 台 (実験機×4, 仕事用予備機の ATHENA)、さらに NAS まであったので、メイン回線につないでいるヤマハルータの LAN 側 4 ポートだけではスイッチが足りない。1 ポートはカスケード接続に使うから、使えるのは 3 ポートしかないのだ。

そこで当初は、机の上に載っている FS708XL に、ラックに載せた実験機から LAN のケーブルを引っ張っていた。その後、VLAN の実験をする必要が生じてアライドの FS808M を買い足したため、これをラックに載せて実験機などを集約。そのため、机とラックの間を結ぶケーブルは FS708XL と FS808M をカスケード接続する 1 本だけになって、ちょっとスッキリ。

ところが、その後になって実験機の台数が減ったので、机の上の FS708XL は HESTIA、それとカスケード接続用の 2 ポートしか使っておらず、5 ポートが空き。FS808M の方も、一部をヤマハルータにつなぎ変えたせいで、半分のポートが余る状態になっていた。これはもったいない。

というわけで、VLAN を使える FS808M を温存することにして、机の上の FS708XL を外した。リビングルームの WR7800H から引っ張ってきているケーブルが、その先のラックまで届くかどうか心配だったけれど、引っ張ってみたら問題なかったのでリストラ断行。HESTIA も、実験機のラックまでケーブルを延ばすことにした。

これでスイッチを 1 台減らして、全体の構成がちょっとスッキリ。

変更前

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

変更後

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |