神々の館にて 〜 うちの PC 騒動記 (2008/2)
 

トラブルは続くよ、の巻 (2008/2/16-18)

Windows Server 2008 で Hyper-V をいじろうと思い、HELIOS に x64 版をセットアップしてみた。そして Hyper-V を組み込もうと思ったら、「ハードウェアが対応していない」と叱られた。Pendium D 915 は確かに、ハードウェアによる仮想化支援機能を備えていない。げげ。

幸い、マザーボードだけは G965 を奢ってあるから、CPU さえどうにかすれば対応できる。ただし、ちょっと前のマザーボードだから、対応 CPU が手に入るかどうか怪しい。検討の結果、中古ならなんとかなるだろうと思った。

実際、ツクモの中古品売場に行ってみたら、Core 2 Duo E6600 の中古を 16,800JPY で売っている。実験機だから E6300 か E6400 でもいいや、と思ったけれど、この値段なら E6600 でも買う気になる。直ちに査収。

この値段だったら、もう 1 個買って HESTIA にも載せようか、なんて考えてしまったけれど、そうなるとライセンス認証でひっかかる可能性があるし、PC を 2 台もバラしているヒマはない。
そこで、HESTIA に Windows Vista を入れるタイミングで CPU をスワップする方針。ARTEMIS (VAIO SZ) や ARETHUSA (MacBook) の経験からいって、E6600 ぐらいのパワーと高速な HDD があれば、Vista はストレスなく使えると思われるし。

その 2 日後。
HEKATE の予備 HDD (AVV2 の 60GB) に Windows Server 2008 をセットアップしようとしたら、HDD を認識しない。もう 1 個の AVV2 に替えても結果は同じ。だいたい、DVD-ROM でブートする際の反応が悪すぎる。こういうトラブルはえてして、HDD がイカれている時に発生するもの。

そこで、しばらく前に買っておいた予備の 2.5in HDD に取り替えてみたら、何の問題もなく作動する。悪かったのは AVV2 か ! しかも 2 台とも同時にお亡くなりか !
というわけで、まとめてゴミ箱行き。一方、Core 2 Duo に叩き出された Pentium D 915 の方は、人に譲る方向で。

ただ、このタイミングでパラレル ATA の HDD なんか買い足したくない。幸い、HEKATE のマザーボードはシリアル ATA の I/F も備えているから、HDD の追加が必要になったタイミングでパラレル ATA のリムーバブル ケースを外して、シリアル ATA のリムーバブル ケースと入れ替える方針。

立て続けにハードがらみのトラブルに見舞われたなあ。まあ、こんなもんか。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |