ゲレ食のカレー食べ比べ
 

昔から、ゲレ食の定番というと「カレーとラーメン」。ただし、自分はラーメンに詳しくないので、カレーの食べ比べを企ててみた。どこにでもあるけれど、意外と違いがあるという奥深いメニュー。

評価は 4 段階。おおざっぱに分けると、「何度でも食べたい : ☆☆☆」「また食べてみてもいいかな : ☆☆」「可もなく不可もなく : ☆」「もういいや : 無印」。もちろん、個人的好みと独断と偏見に基づいているので、苦情は受け付けません。あしからず。

こんな企画を考えたのは自分だけかと思ったら、こちらのサイトにも同じ企画が。対象になっているスキー場の顔ぶれが違うので、これはこれで参考になるかも。

■ 2010/1/10 安比高原 / 安比プラザ「カレー工房・マサラ」

前沢牛入りコロッケカレー (辛口) \1,000-
前沢牛入りコロッケカレー (辛口) \1,000- のライス 通常価格は 950JPY、ただし「辛口」とオーダーしたので 50JPY のアップ。そしたら、厨房向けの食券には識別用に「インド」と書かれていた。インドカレーは辛口という定義 ?
最初の一口では「それほどでも…」と思っていたら、後から辛さが効いてくるタイプのカレー。それよりなにより、さっくり仕上がっていて分厚いコロッケがいい。ちゃんと「芋」と「肉」が混ざっている。
これは、コロッケをカレーまみれにしてしまうよりも、辛口でオーダーしておいて「カレーライス」と「コロッケ」を交互にいただくのが正解かも。その方が、各々の味を堪能できそう。
前沢牛入りコロッケカレー (辛口) \1,000- のルー前沢牛入りコロッケカレー (辛口) \1,000- のクローズアップ

評価 : ☆☆☆

■ 2009/1/27 白馬五竜 / ALPS360

ビーフカレー \1,000-
ビーフカレー \1,000- 今回から写真を少しサイズアップ。
カツカレーもあったけれど、あまり空腹ではなかったので、こちらにしてみた。マイルド系で、それでいてスパイスがちゃんと効いているカレー。でも、もうちょっと辛みを強めてみてもいいかも。
ところで、以前に出していた「白馬アルプス ポークカレー」は止めちゃったの ?

評価 : ☆☆

■ 2009/1/4 ブランシュたかやま / レストハウス バウム「アップルブランチ」

ビーフジャワカレー \850-
ビーフジャワカレー \850- 最初にひとくち食べたときには「大したことないなあ」と思ったけれど、後からジワーッとスパイスの辛みが効いてくる。カレーというのは、こうでなくては。牛肉の方もトロットロに煮込まれていて、良い味わい。
「ジャワとビーフの組み合わせって大丈夫なのかな ?」なんて唐突に思ってしまったけれど、イスラム教徒ならポークじゃなければいいのか。ただし、バリ島みたいにヒンズー教徒が多いところは話が別 ?

評価 : ☆☆☆

■ 2008/12/26 安比高原 / 安比プラザ「カレー専門店・マサラ」

前沢牛入りコロッケカレー \950-
前沢牛入りコロッケカレー \950- これまで「八幡平」でカレーを出していたのを変更して、'09 シーズンから専門店が登場。食券に「五十集」とあったので、去年まで海鮮ラーメンを出していた「五十集」が看板を掛け替えた模様。
ともあれ、以前よりもまともなカレーを出すようになったけれど、どうもカレー粉とは違う味がする… と思ったら、ハタと気がついた。これはウスターソースの味ではなかろうか ?
コロッケの方は、小振りながらサクサクした仕上がりで、なかなかの内容。これと、しっかり固めに炊いた御飯で点を稼いだような気がする。
評価 : ☆☆

■ 2008/01/30 サンメドウズ清里 / カフェテリア・サンフラワー

カツカレー \1,050-
カツカレー \1,050- カツはやや薄めながらサクサクでよいのだけれど… 肝心のカレーが、個人的好みに照らすとマイルド過ぎるかなと思った。コースがマイルドでファミリー・初心者志向だと、カレーまでマイルドになるんだろうか (違)
手抜きして作っている訳じゃないのは、実際に食べてみて理解できたんだけれど、ちょっと物足りない印象は拭えず。

評価 : ☆+

■ 2008/01/26 ノルン水上 / カフェテリア・トロル

牛筋カレー (辛口) \1,000-
牛筋カレー (辛口) \1,000- 最初は「え、これが辛口 ?」と思ったけれど、後からジワジワと効いてきた。野菜も含めて、よく煮込んである感じが伝わってくるし、なかなか上品でよい感じ。ただ、わざわざ「牛筋」と銘打っている割には、その主役の数が少ないのがイマイチ。

評価 : ☆☆+

■ 2007/12/16 ブランシュたかやま / レストハウス バウム「アップルブランチ」

レッドチキンカレー (辛口) \750-
レッドチキンカレー (辛口) \750- 確かに「辛口」。ただし、単に口の中を火事にするだけの下品な辛さではなくて、ちゃんとスパイスの風味を効かせた辛さ。辛口というのはこうでなければいけない、という見本のようなカレー。
ちなみにここ、ソースカツ丼もメニューに載せていた。そのうち、そちらも試してみなければ。

評価 : ☆☆☆

■ 2007/3/11 富士見パノラマ / レストラン「オリオン」

ビーフカレー中辛 \850-
(カメラ故障につき、写真はなし)
去年と違い、「甘口」と「中辛」のチョイスが出現。そのうち「中辛」を頼んだハズなのに、なんだかマイルドなカレー。これで「甘口」を頼んだらどうなるんだろう… 味の深みという点でも物足りない感じだけれど、具の豊富さは救い。
やはり去年と同様、同じ富士パラでもカレーは山頂レストランの「スピカ」がいい。明らかに勝っている。

評価 : ☆☆

■ 2007/3/7 安比高原 / レッドハウス

ハンバーグカレー \1,000-
ハンバーグカレー \1,000- ボリューム満点という触れ込みどおり、分厚いハンバーグの威力はなかなかのもの。お腹がパンクしそうになった。
ちょっとカレーのパンチが足りないかなと思ったものの、だいたいどこでもハンバーグカレーというと味付けはマイルド。だからアベレージは超えていると思うけれど、とどめの "一押し" を欠いているかなあ。

評価 : ☆☆

■ 2007/3/1 富士見パノラマ / 山頂レストラン「スピカ」

ビーフカレー \1,000-
ビーフカレー \1,000- 相変わらず美味い。しかも、よそうときに底までかき回して、具をいっぱい入れてくれた。これこそ、空いている時間帯ならではのサービス。とにかく、山頂レストラン「スピカ」のカレーは強力にお勧めしたい。

評価 : ☆☆☆

■ 2007/2/19 安比高原 / レッドハウス

エッグカレー \850-
エッグカレー \850- カツカレーにして「コブに勝つ」と願をかけようかと思ったけれど、ボリュームがすごそうだったので止めて、こちらにした。
カレーはなかなか深みのある味わいで、いい感じ。ただ、載っているタマゴは温泉タマゴで、食べてみるとここだけ冷たいから、微妙な違和感がある。温泉タマゴだけ、別の器で出してみらどうだろう ?

評価 : ☆☆

■ 2007/2/4 安比高原 / レッドハウス

ビーフカレー \800-
ビーフカレー \800- ん、安比プラザのカレーよりも深みのある味わいで、なかなかうまいぞ ? これで、具がもうちょっといっぱい入っていれば、もっと嬉しいのだけれど。
安比というとハヤブサ/オオタカの第 3 区間に張り付いていることが多いのに、実はレッドハウスで飯を食べたのは初めてというていたらく。これからは、こっちをメインにしようか。
(セットメニューで豚丼を付けているのがあったけれど、あれ、単品で出してくれないかなー。せっかくの八幡平ポークなんだし、もっとフィーチャーしてくれてもいいのに)

評価 : ☆☆

■ 2007/1/13 白馬五竜 / ホテル・シェーンヴァルト

ビーフカレー \1,000-
ビーフカレー \1,000- 厳密にいうとゲレ食じゃなくてホテルの食堂だけれど、ゲレ食としても営業しているので対象に入れてしまった。
盛りの良さとビーフの立派さ・煮込み加減はハイレベル。味付けは至ってマイルドで万人向き。シェーンヴァルトはメシがうまいので、泊まるのもよし、食事だけ立ち寄るも良し。
唯一惜しまれるのは、タマネギがちょっと固かったこと。先日の夏油でもタマネギが固めだったけれど、ひょっとすると意図的にやってるの ?

評価 : ☆☆

■ 2007/1/11 GALA 湯沢 / レストラン「パルパル」

ビーフカレー \950-
ビーフカレー \950- なかなかしっかり煮てあって、しかも柔らかめのビーフがゴロゴロしているのが好印象。カツカレーなんか頼むと盛りが良過ぎてお腹がズシンと重くなるけれど、ビーフカレーでは、そんなことはなかった。味も甘ったるくなくてよい。
ところで、以前は「中辛」と称していたけれど、今回はただの「ビーフカレー」になっていた。デフォルトが中辛だから省略 ?

評価 : ☆☆+

■ 2007/1/5 夏油高原 / カレー倶楽部

カツカレー \900-
カツカレー \900- トンカツの衣がサクサクなのは、前回のヒレカツカレーと同様。ただ、タマネギがちょっと生煮え気味。混雑する時期で商品の回転が速いから、空いている時期と比べると、時間をかけてじっくり煮込めなかったんだろうか。うーん、イマイチ。これまでの印象が良すぎるだけに、ちょっと採点が辛くなってしまったかも。

評価 : ☆☆

■ 2006/12/28 安比高原 / 安比プラザ「八幡平」

ハンバーグチーズカレー \980-
ハンバーグチーズカレー \980- なんつーか、「学食のカレー」という感じ (失礼)。夏油のカレーと比較すると、「浅い !」というか、深みが足りないというか、うまく言葉にするのが難しい。もうちょっと頑張って欲しいなあ。

評価 : ☆

■ 2006/12/20 夏油高原 / カレー倶楽部

ヒレカツカレー \850-
ヒレカツカレー \850- カツカレーは \900- で、なぜかヒレカツの方が安いという不思議な値付け。それはともかく、このヒレカツが素晴らしい。ちゃんと手間をかけて煮込んだカレーを出すな、というのは昨年から感じていたけれど、さらにヒレカツが分厚くてジューシー、かつ衣がサクサク。
カツカレーの類はいろいろ食べてきたけれど、このヒレカツは過去に経験した中でも最高。それでいて、この値段なのだから素晴らしすぎる。コースは安比の方が好きだけれど、カレーは夏油の圧勝だなあ。

評価 : ☆☆☆+

■ 2006/5/25 かぐら / レストランかぐら

ポークカレー \1,000-
ポークカレー \1,000- んー。微妙。
「しめじ入り」と特徴を出している点や、ポークを出し惜しみせず、しかもちゃんと煮込んであるところは買う。ただ、肝心のカレーが物足りない。具に工夫するのも盛りがよいのも、土台となるカレーがしっかりしていてこそ、ではなかろうか。ビーフだとまた違うんだろうか。

評価 : ☆

■ 2006/5/10 ARAI / 膳棚フードガーデン・テラスレストラン

ロースカツカレー \1,200-
ロースカツカレー \1,200- 去年より酸っぱさが抑えられて、その分だけスパイスがきつくなった感じがする。個人的には、こっちの方が好み。カツが分厚くて立派なのは去年と同様、さらに揚げたてのホカホカ・サクサクだったことも相まって、大幅加点を実現。やりましたな。

評価 : ☆☆☆

■ 2006/5/6 谷川岳天神平 / 「ビューテラスてんじん」

天神カレー \1,100-
天神カレーの現物 \1,100- メニューの写真ではマッシュルームがいっぱい入っていたけれど、実際には挽肉メインのキーマカレー状態。こういう不一致はいけませんなあ。とはいえ、盛りはまあまあ良くて、カレーの味も悪くなかったので、星ふたつ。
オニオンスープがついていたのが特徴といえば特徴。少し冷めていたけれど、これはこれで良かった。

評価 : ☆☆


天神カレーのメニュー写真
■ 2006/3/27 富士見パノラマ / 山頂レストラン「スピカ」

ビーフカレー \1,000-
ビーフカレー \1,000- 相変わらず、コクのある深い味わいで美味い。お肉もトロットロ。微妙に酸っぱいように感じられるのは、気のせい ?
同じビーフカレーでも、ベースの「オリオン」より山頂の「スピカ」の方が上を行っている。来年は「オリオン」の巻き返しを期待。

評価 : ☆☆☆

■ 2006/3/22 富士見パノラマ / 山頂レストラン「スピカ」

カツカレー \1,300-
カツカレー \1,300- これはうまい ! 去年食べたビーフカレーよりも控えめな味付けのルーに、サクサクのカツを組み合わせている。カツカレーというと往々にして、ルーの方は具がなかったりするものだけれど、ここではそんなこともない。値段は決して安くないけれど、内容に見合っていると思う。

評価 : ☆☆☆

■ 2006/3/20 NASPA / ガーデンレストハウス

ポークカツカレー (値段は失念)
ポークカツカレー 初登場のガーデンレストハウス。カレー自体は平均レベルのマイルドな味。具はマッシュルームのみという変わり種。
カツはなかなか大きくて分厚くて立派だったけれど、惜しまれるのは冷えてしまっていたこと。なまじ分厚くて立派なカツほど、冷えたときの落胆が大きい。これが温かくて柔らかい状態なら、☆がひとつ増えたのに。
リフト券とセットのランチ券を使った関係で、チーズケーキがおまけに付いた。こちらも、可もなく不可もなく。

評価 : ☆

やっぱり、NASPA なら「オーロラ」のビーフカレーがいいなあ。

■ 2006/3/7 富士見パノラマ / レストラン「オリオン」

カレーライス \850-
カレーライス \850- 惜しい。山頂レストランの「スピカ」の方がスパイスが効いていて、そこで差をつけられてしまった。ちゃんと手間をかけて作ったという感じは良かったんだけど。

評価 : ☆☆

■ 2006/3/2 岩手高原 / レストラン「こまくさ」

雫石牛のビーフカレーセット \880-
雫石牛のビーフカレーセット \880- カレーにオニオンスープとヨーグルトが付いている。その分、カレーの量は控えめなので、若い人だと物足りないかも。冷え切った身体を温めるのに、スープはとてもありがたい存在。カレーの方は NASPA の「オーロラ」と似た感じの、お上品系。強烈な辛さはないけれど、ジワジワとコクを感じる。これはよい。
ところで、屋上屋を架すようなネーミングが、ちょっと気になるんだけど…

評価 : ☆☆☆

■ 2006/3/1 たざわ湖 / レストラン「しらかば」

カツカレー \900-
返金の誓い うまい ! 「一口召し上がってお気に召さない場合には、返金します」と宣言するだけのことはある。特に、サクサクに仕上がっているトンカツがよい。これは本気でお勧めできる。
カツカレー \900- ルーは微妙に「酸っぱ系」ながら、酸味はごく控えめ。ちゃんと手間をかけて煮込んでます、という感じの仕上がり。ボリュームはなかなかのもので、爆食の人でも大丈夫。配膳担当のおばちゃんが「重いから気をつけてね」といっていたけれど、分量が多めで、さらにお皿が重かった。

評価 : ☆☆☆

■ 2006/2/21 GALA / レストラン「パルパル」

ビーフカレー 中辛 \980-
ビーフカレー \980- 前にも食べたことがあるものだけれど、またお肉の量が少なくなった (←しつこい)。カレーそのものは、ちゃんと手間をかけて煮てある感じがするのだけれど。

評価 : ☆☆ (1.5 個にしたい…)

■ 2006/2/14 安比 / 安比プラザ「八幡平」

ビーフカレー \980-
ビーフカレー \980- 味付けは中庸。ビーフカレーというだけに牛肉がゴロゴロしているのはいいのだけれど、もうちょっとしっかり煮込んでくれていれば、星がもう 1 個増えたのになぁ。そこんところで NASPA や富士パラに差を付けられている。

評価 : ☆

■ 2006/2/13 安比 / ザイラーレストラン

カツカレー \980-
カツカレー \980- 同じ「カツカレー」で値段も同じだけれど、セントラルゲレンデの安比プラザとはカツが違う。ルーは似ているけれど、酸っぱさの度合いは少ない感じ。カツはこっちの方が上品な仕上がり。ただし分量が少なめなので、爆食の人だと物足りないかも。

評価 : ☆

■ 2006/2/3 GALA 湯沢 / ラウンジ「パレオ」

スパイシーチキンカレー \900-
スパイシーチキンカレー \900- 「スパイシー」を冠したカレーにありがちな辛さは抑えられていて、控えめな味付け。確かに "スパイシー" ではあるけれど、いまひとつ深みが足りない。もうちょっと頑張ってね。
今年から「パレオ」ではカレーのメニューをいろいろ揃えたので、そのうち別のも試してみよう。

評価 : ☆

■ 2006/1/20 安比 / ザイラーレストラン

ハンバーグカレー \980-
ハンバーグカレー \980- カレーとライスだけ食べると「なんかパンチがないなあ」という甘ったるさ。でも、熱々のハンバーグと一緒に食べると、なんだかいい感じに変化するという不思議な味。面白い。
ところで。水が入っているコップが、ビール用と兼用というのが笑える。こんなの初めて見た。

評価 : ☆

■ 2006/1/19 安比 / 安比プラザ「八幡平」

カツカレー \980-
カツカレー \980- 前に食べたときよりも酸っぱくなかったのは、謎。前回と違って空いていたので厨房をのぞいてみたら、作り置きしたカツはしっかり保温してあった。冷えてしまったカツを出すところもあるけれど、その点、保温しておいてくれる気遣いは嬉しい。
でも、肝心のカレーの方はパンチ不足。もうちょっと頑張って欲しい。

評価 : ☆

■ 2006/1/13 NASPA / カフェテリア「オーロラ」

ビーフカレー \1,300-
ビーフカレー \1,300- GALA が強風クローズで、振り替えでやってきた NASPA。午後券の引き替え開始が 12:15 からだったので、待ち時間の間に昼飯を食べてしまった。ところが。
先生 ! 先週よりお肉が少ないような気がします (←せこい)。

■ 2006/1/6 NASPA / カフェテリア「オーロラ」

ビーフカレー \1,300-
ビーフカレー \1,300- 相変わらず暴力的なお値段だけれど、中身はそれ相応に立派。よく煮込まれた牛肉の塊がゴロゴロしているカレーには、そうそうお目にかかれない。ぶっちゃけ、NASPA に来る楽しみの半分はこれだ。しかし値段が値段だけに、あまり気軽に他人に薦められないのが惜しいところ。(といっても、GALA のカツカレーだって同じ値段だけれど)

評価 : ☆☆☆

■ 2005/12/29 安比 / 安比プラザ「八幡平」

チキンインドカレー (激辛) \980-
チキンインドカレー \980- 去年も同じものを食べてるけれど、こんな荒っぽい辛さだったかなぁ ? 激辛という看板に偽りはないものの、ちょっとアレだと思った。もっとこう、後になってジワジワと効いてくる辛さ、みたいな方が好き。

評価 : ☆

■ 2005/12/28 安比 / 安比プラザ「八幡平」

カツカレー \980-
カツカレー \980- いわゆる「酸っぱ系」のルー。カツが立派な部類だったのでポイントを稼いでいるものの、酸味があるカレーって個人的には好きじゃないんだけど。ただ、こことか ARAI とかたんばらとか、あちこちで酸っぱいカツカレーが出てくるところを見ると、こういう業界共通レシピがあるのかも知れない。
ルーに入っていた具の野菜は、いわゆるミックスベジタブル ?
(写真がボンヤリしているのは、レンズが曇ってたせい。御勘弁を)

評価 : ☆

■ 2005/12/21 GALA 湯沢 / レストラン「パルパル」

ビーフカレー中辛 \950-
ビーフカレー中辛 \950- 先週と同じもの。それなのに、この具の盛り方の違いときたら。まったくもう…

評価 : ☆☆

■ 2005/12/15 GALA 湯沢 / レストラン「パルパル」

ビーフカレー中辛 \950-
ビーフカレー中辛 \950- 先生 ! 具が少ないです。せっかく美味しく煮えてるのに。というセコい理由で減点 1。もう \50- ばかり値上げして、お肉をもうちょっと多めに入れてくれると嬉しい。
中辛という割にはマイルドで、これで甘口だったらどうなるの、という感じ。盛りは小食の自分にちょうど良く、爆食の人には全然足りない。多けりゃいいってもんじゃないけれど。

評価 : ☆☆

■ 2005/12/8 夏油高原 / カレー倶楽部

牛タンカレー \800-
牛タンカレー \800- うまい ! ルーも牛タンも、ちゃんと手間をかけて作っているという感じが伝わってくる。トロトロに煮込まれた牛タンは素晴らしい。それに、岩手といえば前沢牛、というイメージがあるから、こういう特徴的なメニューを出すのはいいこと。これはマジでお勧め。

評価 : ☆☆☆

■ 2005/5/17 ARAI / 膳棚フードガーデン・テラスレストラン

ロースカツカレー \1,240-
ロースカツカレー \1,260- たんばらと同様、ちょっと酸っぱいカツカレー。カツカレーは酸っぱくする、というレシピがあるんだろうか ? 個人的な好みには合わないので、悪いけど減点 1。
ロースカツカレー \1,260- たんばらと違って、カツは分厚く、とても立派だった。ただ、その立派なカツも、冷えて固くなってしまっていたので、さらに減点 1。揚げたてのホカホカだったら良かったのに。

評価 : ☆

■ 2005/5/5 たんばら / レストラン ON & OFF

カツカレー \1,000-
カツカレー \1,000- 普通、この食べ比べではビーフカレーを頼むのだけれど、リフト券とパックになっていた食事券が \1,000- だったので、\800- のビーフカレーではなく \1,000- のカツカレーを頼んでしまった (セコっ)。
ルーは、辛さの中に酸味 (?) が混じった、ちょっと独特な味わい。人によって好き嫌いが分かれそう。カツがいまいち貧弱なので、カツが主役のカツカレーとしては減点要素。

評価 :

■ 2005/4/27 ARAI / 膳棚フードガーデン・テラスレストラン

ビーフカレー \1,050-
ビーフカレー \1,050- さすがに「ハイソ志向」の ARAI だけあって、ゲレ食のカレーも手を抜いていない。肉はトロトロ、ライスはしっかり。ルーの味付けが控えめなあたり、NASPA と似た路線と見受けられる。
やや分量が控えめなのだが、大食らいの人には、ちゃんと大盛りメニューが用意されている。ただし、「大盛り」ではなく「てんこ盛り」という。「ハイソ志向」のはずの ARAI にしては、なんだか似つかわしくないネーミング。

評価 : ☆☆☆

■ 2005/4/16 白馬五竜 / ALPS 360

白馬アルプス ポークカレー \950-
白馬アルプス ポークカレー \950- 地元の豚さんを使ったカレーが、今季、このエリアのスキー場で一斉に売り出されたらしい。確かに、トロトロに煮込まれた豚肉はなかなかうまい。ルーの方は、最初は甘ったるいなあと思ったけれど、後になってジワジワとスパイスが効いてくる。なかなか、芸が細かい。

評価 : ☆☆☆

■ 2005/4/6 ハンターマウンテン塩原 / レストラン「ビッグアップル」

ビーフカレー \840-
ビーフカレー \840- なんと、白桃のゼリー付き。ビーフがてんこ盛りで、それがまた良く煮えていて、美味かった。ライスも固めでカレーとよく合っている。ただ、ルーの味がマイルド過ぎるかな。これがもうちょっとスパイシーなら、評価がぐっと上がるのだけれど。
もともと「ニューヨークの雰囲気」で売ってるスキー場なのだから、特色を出すためにゲレ食でベーグルを出してみてはいかが。自前が無理なら、BAGEL & BAGEL に出店してもらうのも手。モスバーガーなんぞ出店させてる場合ですか。

評価 : ☆

■ 2005/4/4 Hakuba 47 / ビールバー「スノードロップ」

ビーフカレー \840-
ビーフカレー \840- ゲレ食が一部しか営業しておらず、ベースのゲレ食「アリス」はデザートのみの営業だった。そのせいか、ビールバーが臨時にカレーを出していた。そんな「アルバイトのカレー」なので期待していなかったのだが、食べてみたら美味しかった。スパイシーなルーと、よく煮込まれた牛肉のコンビは絶妙。でも、大食らいの人にはちょっと量が物足りないかも。

ちなみに、47 のゴンドラ山頂駅には居酒屋「四十七」がある。「日本一、標高の高い居酒屋」と行って自慢しているので、うわばみスキーヤーの方は、ぜひ。

評価 : ☆☆☆

■ 2005/3/27 富士見パノラマ / 展望レストラン「スピカ」

ビーフカレー \1,000-
ビーフカレー \1,000- カレーの色を見た瞬間に期待が高まった。その期待を裏切らず、スパイシーな美味しいカレー。牛肉の煮込み加減も素晴らしく、これなら NASPA の「オーロラ」とタメを張れると思う。もっとも、レストランの雰囲気と器で負けてるけど、景色ではこっちの勝ち (ただし晴天時に限る)。

評価 : ☆☆☆

■ 2005/3/11 尾瀬岩鞍 / レストラン「Festa」

カレーライス \900-
カレーライス \900- 「カレー、盛りを軽めに」とオーダーしたら、「女の人に出すぐらいの量でいい ?」というので、そうしてもらった。もともと小食だし、時間も遅かったもので。
ひとことでいうと、極めてマイルドで控えめなカレー。これなら誰でも安心して食べられるという内容。具は野菜類がメインで、しっかり煮込まれていたけれど、ちょっと物足りない感じかな。

評価 : ☆

■ 2005/3/2 NASPA / ゲレンデのカレー屋さん

チキンカレー \1,200-
チキンカレー \1,200- チキンカレーという割には野菜ばかりじゃないか、と思ったら、チキンは中の方に埋もれていた。味付けがマイルド過ぎて、ちょっと面白みがない。スープ付きとはいえ、ちょっと割高感がある一品で、これなら「オーロラ」でビーフカレーを食べる方がお勧め。(そもそも、NASPA には \1,000- 未満のメニューがほとんどない)
そのスープがワカメ入りで、カレーと一緒に出すにはミスマッチな感じがする。

ちなみに、ここには「五十六カレー」というメニューがある。ポスターに山本五十六が出ているし、プロデュースしているのは長岡 (山本五十六の故郷) のニューオータニらしいのだが、「56 種類のスパイスをブレンド」ってねぇ… 名前を先に決めて、後からスパイスを 56 種類用意したんじゃないかと疑ってしまった。ちなみに、長岡特産のまいたけも入っているらしい。

評価 :

■ 2005/2/20 安比高原 / 安比プラザ

コロッケカレー \880-
コロッケカレー \880- やはり、安比プラザのカレーは品目ごとにルーを変えている。コロッケカレーでは、細かく刻んだ野菜 (ミックスベジタブル ?) がたくさん入っていた。味付けはやや甘めだけれど、相棒がコロッケだから、そういうものか。
作り置きしておくものだから仕方ないけれど、コロッケがいささか頼りない感じ。あと、コロッケの上からルーをかけてしまわない方が、コロッケが重たくならなくていいと思うんだけどなあ。

評価 : ☆

■ 2005/2/1 NASPA / カフェテリア「オーロラ」

ビーフカレー \1,300-
ビーフカレー \1,300- 前回はヒレカツカレーに浮気したけれど、やはり「オーロラ」といえばビーフカレー。値段は御立派だが、中身も御立派。トロトロに煮込んである牛肉がゴロゴロした「ビーフカレー」には、意外とお目にかかれないものだ。
ルーの味はいたってマイルド。もっとも、カレー屋のカレーというより、一流ホテルのレストランで出すカレーだと思えば、こんなものだと思う。

だいたい、「ゲレ食」と称するものの中でも、この「オーロラ」は内装がもっともゴージャスな部類に入る。これと張り合えるぐらいカネがかかっていそうなのは、自分が過去に訪れた範囲内だと、キロロのマウンテンセンターにある「キャロパポ」ぐらいのものだ。

評価 : ☆☆☆

■ 2005/1/24 安比高原 / 安比プラザ

豚カツカレー \980-
豚カツカレー \980- トンカツはサクサクしていて、つくり置きしている割には水準をクリアしている。ただ、ルーが甘ったるすぎる感じ。ビーフカレーとは違うルーを使ってるようだ。具が豊富なのはよいけれど、個人的にはもうちょっとピリッとしている方が好き。でも、カツが良かったので星 2 つ。

評価 : ☆☆

■ 2005/1/19 NASPA / カフェテリア「オーロラ」

ヒレカツカレー \1,400-
ヒレカツカレー \1,400- \1,400- という値段は、いくらヒレカツとはいえ、ゲレ食の価格としては暴力的に高い。が、さすがにヒレカツは衣サクサク・お肉フワフワで美味。カレーは甘めの味付けだけれど、ビーフカレーとカツカレーはルーが違うようなので、ビーフカレーも食べてみないと比較にならないかも。

なにせ、経営母体が「ニューオータニ」。値段は気にせずに美味いものを食いたいという客層を考えているのは、まず間違いのないところ。この値段で星が 3 つじゃなかったら、担当者は懺悔すべし。

NASPA の場合、「オーロラ」以外にカレー専門のゲレ食があり、さらに中腹のガーデンレストハウスでもカレーを食えるので、もうカレーだらけ。何を考えてるんだニューオータニ (苦笑)

評価 : ☆☆☆

■ 2005/1/13 GALA 湯沢 / レストラン「パルパル」

今週のカレー (カツカレー) \1,100-
今週のカレー (カツカレー) \1,100- 「今週のカレー」って何 ? と訊ねたら、カウンターの女の子は「ありがとうございますー」といってオーダーを受けてしまった。おいおい、人のいってることはちゃんと聞いてくれよ。

で、出てきたのはカツカレー。客層が若い GALA だからか、盛りがやたらと良くて、昼過ぎに食ったのに、6 時間経ってもお腹が重かった。味の方は期待していたより良くて、辛すぎないけどスパイシー。中の上というところか。しかし、お値段 \1,100- に見合っているかというと、人によって評価は分かれそう。もうちょっと安ければ、コスト パフォーマンスという観点から、もう少し評価が上がるかも。(NASPA ほどではないにしろ、GALA も物価が高い部類に入るからねえ)

評価 : ☆

■ 2005/1/4 安比高原 / 安比プラザ

激辛インドカレー \980-
激辛インドカレー \980- なるほど、先週のビーフカレーと比べれば激辛だった。途中で水を飲んで、口の中を "鎮火" しないと食べ続けるのは難しい。看板に偽りなし。といっても、食べられないほどではないので、看板と中身のバランスはいい感じ。

インドカレーのお約束で、これには鶏肉が入っている。ビーフカレーとは順番が違い、ライス→肉→ルー という順番で盛っていた。この鶏肉、モモ肉のようだけれど、骨と皮がちゃんとついていたのが嬉しい。

評価 : ☆☆

■ 2004/12/28 安比高原 / 安比プラザ

ビーフカレー \980-
ビーフカレー \980- 具の「ビーフ」が別に煮てあって、ライスにルーをかけた後、ビーフだけ追加するという面白い構成。このビーフがそれなりに豊富だったのと、後から追加する方法のせいか、ちゃんと独立した「牛」の味がするのは○。ルーの味は、ややスパイシーな中庸で、さほど粉っぽくないので許容範囲。辛いのが好きな人には「激辛インドカレー」があるそうなので、次はこれだ。

評価 : ☆☆

■ 2004/12/27 雫石 / レストラン「アリエスカ」

ハーフ南部鶏カレー \630-
ハーフ南部鶏カレー \630- 通常、ゲレ食というと盛りが良すぎることが多く、自分のように小食な人間には辛いのだが、「ハーフ」があるのは気が利いている。味の方も妙に辛すぎず、それでいてちゃんとスパイスの味がする。大ぶりのチキンを初めとして、具も豊富。

評価 : ☆☆

■ 2004/12/10 札幌国際スキー場 / ファミリーレストラン「ラビット」

ポークカレー \730-
ポークカレー \730- いわゆる典型的なゲレ食のカレー。やや甘ったるい感じのルーと、ややペチャっとした感じのライスという、まさにありがちな組み合わせ。可もなく不可もなく。

評価 :

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |