井上孝司のスキー三昧 : 写真いろいろ (1)
 

最近、滑る際にデジカメを持ち歩き、何かというと写真を撮るようになった。その中から、面白そうな写真をいろいろ紹介したい。

すべる ! 凍結注意 松尾八幡平 IC から安比高原に向かう途中の国道。「すべる !」「凍結注意」「すべる !」「凍結注意」の 4 枚でワンセット。これが、途中で何ヶ所も出現する。

「初級者用・おそいリフト」vs「中級者用・はやいリフト」 右が「初級者用・おそいリフト」、左が「中級者用・はやいリフト」。極めて分かりやすいが、こんな書き方をすると、見栄を張って左のリフトに乗ろうとする輩も出てくるのではなかろうか。そういう自分も左のリフトに乗ったが、見栄を張ったつもりはない (笑)。
軽井沢プリンスにて。左が第 1 ロマンス A 線、右が第 1 ロマンス B 線。

バス亭ってなんだ !? 越後湯沢駅東口、スキー場送迎バス専用乗り場にある、石打丸山スキー場の看板。シャトルバスの時刻表が書いてあるのだが、下の方をよくよく見てみると…

「お帰りの時刻は中央口 (駐車場) バスにてお確かめ下さい」

「バス亭」ってことは、そこで落語でも聞かせてくれるんだろうか ? 字の幅を考えると、後からイタズラされて人偏が消されたとは考えにくい。最初から、こう書いてあったのだろう。誰か、誤字に気付かなかったんだろうか ?

らぶりーな雪ウサギ 安比プラザの売店でショーウィンドウに飾ってあった、うさぎさんのぬいぐるみ。可愛いので、売り物なら買って帰ろうと思ったが、売っていなかった。

視界はわずか、数メーター 安比高原のヤマバトコース中腹にて。吹雪かれて、こんな視界になってしまった。雪面に残っているシュプールを頼りにしてフカフカの新雪の上を滑っていると、雪の中からボーダーが湧いて出るように出現する。このコースは、とにかく不慣れなボーダーが多い。

初心者お断り 「初心者の方はリフトの搭乗をご遠慮ください」
表万座の第 3 ロマンスにて。ここを上がると、幅広一枚バーンのパノラマゲレンデが待っているのだが、リフトから見上げると絶壁に見えるのでビビる。ちなみに、隣の第 2 ロマンスは「初級者でもご利用になれます」「初心者はご遠慮ください」だった。"初心者" と "初級者" の間に聳える壁は高い。

廃物利用 プリンス系のスキー場お得意の、ゴンドラの廃物利用による休憩所。軽井沢プリンスでも同じものを見かけた。しかし、これを撮影した表万座も軽井沢プリンスも、ゴンドラのないスキー場だ。わざわざ、他所から運んできたのか。

どっちやねんっ ! グランデコの、「サフラン」が最後の急斜面と迂回路に分かれる手前にある標識。止まって欲しいのか、スローダウンするだけでいいのか、どっちやねんっ !

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |