スキー日記 (2005/10)
 

■2005/10/25 (曇) Day 2 : スノータウン Yeti

この日、新しく買ったシナノの伸縮式ポール (FREE-SV) のデビュー。前に使っていたサロの CROSSMAX と同じ 110cm にセットして滑り出したら、ショートターンで何だか長く感じてしまい、それが気になってしまったらバランスを崩してこけた。(←ポールのせいにするな)

そこで、少し縮めて 108cm にしたら、いいフィーリングになった。その後は前回の経験に鑑み、まずは乗る位置をまともにして後傾を直す。さすがに 2 日目ともなると感覚を取り戻してくるので、全体的にいい調子でノリノリ。バーンの幅が広がり、しかも締まっていたので、エッジを立てて滑ることもできた。

差を感じたのは、撤収の際にソールを観察したとき。前回はバインディングより後ろの部分だけワックスが切れて白くなっていた。つまり、カカト荷重だったのがモロバレということ。今回は全体的にワックスが切れて白くなっていたので、ちゃんと乗れていたのが分かる。

ただ、無理に切って滑ろうとすると体重が内脚に乗ってしまって、ついアタフタ。上手い人の後ろについて滑ると、如実に差を感じる。荷重移動がスムーズではないので、まだまだ修業が必要ですな。
後半はショートターンをゴリゴリ練習して、3 時間ほどで終了。

天候がいまひとつだったので、雨にならないかと心配したけれど、実際には天気が回復して、18:00 過ぎには御殿場の夜景が見えるようになった。
一方、失敗したのは晩飯。「カレー食べ比べ」をやろうかと思ったら、ここのゲレ食は 17:00 でクローズ。その後のナイター時間中はバーガー屋の方しかやっていないのだった。これではカレー食べ比べができない… あ、16:00 過ぎに来ればいいのか。考えておこう。


今日も、最初のうちはガスっていた (1)

今日も、最初のうちはガスっていた (2)


10 月末とは思えないバーンの広さ。そうめんというより、きしめんぐらいの幅にはなっている

リフト手前の斜面もこんなに広々 !

■2005/10/21 (曇) Day 1 : スノータウン Yeti

昨年と同様、Yeti のオープン初日に出撃。ただし、ナイターにした。昨年の教訓により、朝一番に行くとバーンが荒れやすいし、そもそも昼間だと暑い。「先着 300 名はタダ」は魅力的なのだけれど。

首都高速の渋滞を避けたせいで時間がかかってしまい、到着して着替えたら、もうゲレンデオープンの時間・17:00。ガスってたから慎重に行こうと思ったのだが、ついつい調子に乗ってしまい、1 本目で… 足が絡んでこけた (爆死)

やはり 5 ヶ月のギャップは無視できないもので、最初のうちはちゃんとしたポジションに乗れず、何本か後傾気味で滑る。それでも、小一時間ほど滑っていたら、だんだんと感覚が戻ってきた。調子が出てきたところで、ショートターンも試す。

なんにしても、アイス クラッシュ システムのカキ氷はエッジのかかりがよくないし、コース幅が狭い。だから、カービング的な滑りは難しい。シーズン始めだし、まずはスキッドさせながらテール コントロール主体で滑りつつ、感覚を取り戻すことに専念。久方ぶりにやったら疲れてしまったので、2 時間半ほど滑ったところで撤収。

まだ 10 月だし、もっと暖かいかと思ったけれど、撤収する頃には 10 度そこそこまで下がっていたのは嬉しい誤算。あと、去年と比べるとスキーヤー率が上がっているのが興味深いところ。特に、ナイターが始まった途端にコースインするような "熱心な人" に限ると、スノボよりスキーの方が多かったんじゃないか ?

去年はナイターというと写真撮影を諦めてしまったけれど、今年は初日だし、チャレンジしてみた。手持ちだと手ブレが出てしまうので、ストックを三脚代わりにしたらうまくいった。


到着してみたらガスっていた

去年はあった、DJ ブースのギコ猫ステッカーが消えた


最上部から見た「イカそうめん」。といっても、去年よりはかなり良い

全体的に、初日にしてはコース幅が広いし、バーンの厚みも十分


最後の「ちょっと急」な部分もこの通り。これなら、この時期としては十分

明日の営業に備えて、新手のカキ氷を集積中

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |