スキー日記 (2006/10)
 

■ 2006/10/31 (晴) Day 2 : スノータウン Yeti

先週はいろいろ用事が詰まっていて動けなかったので、やっと 11 日ぶりに出動。
自宅を出た時点では首都高速がビックリするくらい渋滞していなかったので「ヨシヨシ」と思ったら、出発後にどこかのすかたんが、よりによって都心環状線にモノを投下して落下物渋滞を引き起こしてくれたせいで、2 時間半もかかってしまった。

ところが、急いで着替えてコースに出てみたら、1700 を過ぎてもコース整備が終わらず、10 分以上の遅延。遅延と遅延でちょうどよくなってしまった。

滑りの方は (シーズン初めとしては) いい調子。ときどき板のエッジをとられて、勝手に外の方に走っていって焦るのは前回にもあったけれど、これは荷重ポジションが後ろ過ぎると発生するのだった。ちゃんとセンターに乗っていれば問題なし。

後は、重心移動、上体の向き、内脚の動きと、気になるポイントを順番に確認。前回、大問題になったブーツの当たりも解消して、「疲れた」という以外の理由で休憩することがなくなったのは、なにより。

ただ、コースコンディションは 20 日よりよくない。全般に土台が薄くなっていて、コース幅も狭い。出だしの横に置いてあるボックスは、前回は雪の上に載っていたのに、今回は芝生の中に鎮座していた。昼間に気温が上がって、雪を溶かされてしまったのだろうか ?
下のリフト乗り場も、前回より雪が薄くなっていた。これではソールに傷が付いてしまいそうだ。もっとも、こんな時期に Yeti に滑りに来る人ならたいてい心得ているものだから、最新型の板で滑っている人はいない訳だけれど (ただし、スノボのことは知らん)。

調子に乗って滑っていたら、前回よりも早く疲れが来てしまったので、1945 ぐらいに撤収。ソソクサと着替えて板を片付けて、2011 に Yeti の駐車場を出発。25 分ほどで東名高速に上がった。足柄 SA でメールチェックなどをやって時間を調整した後は、普段よりトロトロ走り、うまい具合に 2202 に東京料金所を通過。その後も渋滞なしで帰宅。


ただいま 17:12、まだコース整備中…

リフト乗り場付近の "積雪" はギリギリ。パトの人がコースを開けるときに「傷ついてもいい板にしてね〜」といっていたけれど、今頃いわれても (苦笑)


コース全般に雪が薄く、幅も狭くなっていて、初日には使えたボックスの周りもこの通り。

晩飯はテリヤキバーガーセット。\750- なり。ところで、持ってきてくれたときにポテトが散乱した件について。

■ 2006/10/20 (曇) Day 1 : スノータウン Yeti

「かぐらで滑り納めをしてから、5 ヶ月も経ってないぢゃないか」という突っ込みはなし。天気が良かったので、とっとと Yeti でシーズンイン。毎度のようにナイターで出動。シーズンインを祝福するかのように高速道路も比較的空いていて (ちーがーうー)、2 時間ちょっとで到着できた。

とっとと着替えてスタンバイ。最初はブーツに小指が当たって痛かったけれど、これはすぐに馴染んだ。でもって、コース整備を終えて、17:00 ちょっと過ぎにコースイン。といっても、慌てて滑り出すことはないので、じっくりポジションを確認してから、おもむろにコースへ。パッと見たところ、去年よりちょっと幅が狭く、土台が分厚い感じ ?

昨年の反省点は、とにかくシーズン初めの立ち上がりが遅かったこと。調子を取り戻すまでにエライ時間をかけてしまった。今年はどうかと思ったけれど、軽くスキッディングしてみたら問題なし、さらに調子に乗ってショートターンしてみたら問題なし、超緩斜面の Yeti だけで判断しちゃいかんけれども、昨年の滑走 6 日分に相当する滑りを最初の数本で取り戻してしまった。板のコントロールはちゃんとできる。

ただし問題は、ブーツの当たり。左足小指はすぐに解消したものの、両足の甲が当たる。ブーツも中身も 5 ヶ月前と変わっていないはずなのに、なんでやねん。
これが原因で早めに疲れが来てしまい、小一時間ほど滑ったところで休憩。ハンバーガーセットを食べる。

その後、再びコースイン。初日にしてはマトモに滑れているけれど、やはり右ターンがなんとなく怪しい。まずは基本ということで、ずらしたり切ったり、重心移動の感覚を確認したり。同じように「初日は基本の練習」と考えたのか、えらく上手なシュテムターンをやっている人がいた。さらに、なんとチェアスキーで滑っている人までいた。

この後、足が痛むのでもう一度休憩を入れて、さらに数本滑って撤収。全部で 3 時間ほどの初滑り。
20:20 頃に Yeti を出発、御殿場 IC で東名に上がり、足柄 SA にできたばかりのスタバでキャラメルマキアートを飲みつつ休憩して、頃合いを見計らって出発、22:00 ちょっと過ぎに東京料金所を通過して高速代を半額にした後、首都高速を通って帰宅。

11 月の間は Yeti 通いが続くから、今日の滑りで不出来だったところを修正しつつ、ブーツの当たりが続くかどうかを再確認しないと。当たりが取れないようなら、ICI に持って行って直してもらわないといけない。シェルかタンをいじらないとダメだよなあ、これ。


「イエティ神社」。おみくじをひいて大吉が出るとタダになるらしい。しかし、「お願い事をすると叶うこともあるらしい」とは、なんともはや。

ナイター前のコース整備中。リフト降り場を整えている。


ゲレンデマップの看板前に置かれていた、ショボい雪だるま。つーか、片眼だし。

滑り出し。今年は初日から、コース脇にボックスを置いているのが去年と違う。コース上で「初転び」をやってるのがいるな。


最後の「ちょっと急」な斜面。遠方で派手に光っているのは、遊園地「ぐりんぱ」の観覧車がやっているイルミネーション。

ハンバーガーセット。これで 700 円か YO!… と思ったけれど、オペレーションにコストがかかるから仕方ないかねぇ。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |