取材メモ 1 : National Cryptologic Museum
 

所在地 : アメリカ、メリーランド州フォート・ミード
訪問日 : 2000/11/13


「暗号」に興味のある方に是非とも訪れて欲しいのが「National Cryptologic Museum」。つまり「国立暗号博物館」。
「暗号」に関する博物館というだけでも珍しいけれど、なにしろこの博物館、運営しているのが The National Security Agency なのだから筋金入り。

ワシントン DC を拠点にした場合、よほど長居をしなければ行き帰りも含めて半日で訪問できるので、DC を訪問したときには NASM などと併せて訪れたいもの。なにしろ、他に類例のない博物館なのは間違いないから。(ボルティモアからなら、もう少し近くなる)

まずは、所在地から。
NSA 本部があるメリーランド州フォート G. ミード陸軍基地の一角。といっても、NSA 本部とは別棟なので、誰でも入れる場所。現地の状況については、下の方でリンクした衛星写真を参照されたい。
フォート・ミードはワシントン DC とボルティモアの中間にあり、両者を結ぶ 295 号線 (Washington-Baltimore Parkway) と、アナポリスから北上してきた 32 号線が交わる場所。

私がここを訪れたときには、ワシントン DC でレンタカーを借りて、1 時間ほどのドライブ。ワシントン DC のダウンタウンにあるハーツの営業所でレンタカーを借りたのだけど、営業所の場所は New York Avenue 沿い、コンベンションセンター前。
実は、この New York Avenue を道なりにボルティモア方面に向かって走ると、自動的に 295 号線に入ってしまうという絶妙のロケーション。

もうひとつありがたいのは、295 号線は「トラック乗り入れ禁止」だということ。ルートナンバーから察するに、DC とボルティモアを結ぶメイン・ルートは西方に並行する 95 号線で、295 号線は 95 号線のバイパスと推測される。

ワシントン DC からの所要時間は、制限速度を守って走ると、ほぼ 1 時間というところ。道端に「NSA」と書かれた標識がしっかり出てる (!) し、「32 号線」あるいは「アナポリス」をキーワードにすれば、出口を間違えるということはないはず。

295 号線のランプを降りると 32 号線と交わる交差点があり、目の前が NSA 本部。そこの交差点をいったん左折して (まっすぐ進むと NSA 本部に突入してしまう :-)、すぐに右折して脇道の Colony 7 Road に入る。目印は、Colony 7 Road の道端にあるシェルのガススタ。
後は、そのまま道なりに進めば現地に到着。駐車場はたいして広くないものの、場所が場所だけに大混雑ということはあり得ないので、駐車場の心配は不要。

National Cryptologic Museum

なお、入館は無料。入口の脇に署名簿があるけど、必ず書かなければならないというものではない様子。私は署名してきたけど、流石に日本人の名前は見当たらなかった。

展示品は多岐に渡るものの、主要なエリアは以下の通り。

  • 南北戦争 (Civil War) の頃の暗号
  • 第二次世界大戦で使われた各国の暗号
  • その中でも特に、ドイツのエニグマ暗号機
  • 戦後の暗号解読
  • NSA が実施した暗号解読や SIGINT ミッション
  • プエブロ号事件
  • 現代の暗号や認証技術

展示内容については Web にも載っているので、事前に予習しておくのがベター。といっても、そんなに巨大な博物館ではないのだけど…
特に注目したいのが、「実際に触って動かせるエニグマ暗号機」「エニグマ暗号の解読に用いられたチューリング・ボンベの実物」「日本海軍の 97 式印字機のフルセット」といったあたり。もちろん、大戦中に不敗を誇った米軍のシガバ Sigaba 暗号機もあり。

おそらく世界で唯一の、触って動かせるエニグマ

なお、展示品のうち南北戦争の関連など、一部についてはフラッシュ撮影禁止なので、御用心。心配な場合は、博物館のスタッフに確認してからシャッターを切るようにすること。

また、NSA が作成したさまざまなパンフレットも配布されているので、NSA の活動に興味がある人にとっては、こちらも要チェック。
入口を入った左側にあるギフトショップでは、各種の「NSA グッズ」を売っている。ちょっと変わったレア物のアメリカ土産が欲しい人にはお勧め。なにしろ、どう逆立ちしたって、NSA グッズなんて他所では手に入らないのだから (笑)。

なお、この博物館には飯を食う場所がない上に、場所が場所だけに近隣にも飯を食えそうな場所は見当たらないので、DC かボルティモアで食欲を満たしてから訪れること。

開館日 :
日曜。祝日を除いて毎日。月曜〜金曜は 9:00-16:00。土曜は 10:00-14:00。

TEL :
301-688-5849

URL :
National Cryptologic Museum
The National Security Agency

現地の写真 :
現地の衛星写真 (Google Maps)
上方の、クローバー型 IC の脇に建っているのが、National Cryptologic Museum。右下が NSA 本部。294 号線は、クローバー型 IC を左右に横切っている道路。上下に横切っているのは 32 号線で、下方がアナポリス方面。

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |