取材メモ 2 : 米空軍三沢基地・姉沼通信所
 

所在地 : 青森県三沢市
訪問日 : 2000/8/24


姉沼通信所といわれてもピンとこないかもしれないが、「象のオリ」といわれれば、御存知の方も多いはず。NSA 指揮下にある米空軍の電子保安中隊が運営している、極東有数の電波傍受施設のこと。

場所は、三沢基地から一般道路を隔てた西側で、姉沼と小川原湖の間の土地を、姉沼通信所がまるごと占有している。(地図はこちら)

東京から出向くとなると、三沢というのは意外と遠い。なにしろ、新幹線も高速道路も通じてない。常識的には飛行機で三沢空港に乗りつけてレンタカーを借りるかタクシーを拾うのだろうけど、私は東京から、自分のクルマを走らせた。

(2006/5/30 追記)
今なら東北新幹線が八戸まで通じているので、八戸まで新幹線で行ってレンタカーを借りるという手も。「トレン太くん」を使えば JR の料金が割安になるし、所要時間は半分足らずで済む。

まず、東北道を北上し、安宅 JCT で八戸方面に分岐する。八戸 IC を降りて八戸北バイパスに入り、さらに百石道路と第二みちのく道路を経由して、終点で一般道路に降りる。(有料道路代 \350- を払いたくない人は、県道八戸野辺地線を利用)
三沢駅前を通って市内に入り、中央町交差点で左折。後は道なりに進み、平畑バス停付近 (確か、キャンプ場か何かの案内看板が出ている) で右折すれば姉沼の畔に出るので、「象のオリ」を遠望できる。


これが「象のオリ」だ !

「象のオリ」が見えるとはいえ、道路そのものは一般道路だし、道端に警備員がウロウロしてるということもなかった。とはいえ、場所が場所だけに、みるからに不審な行動は慎んだ方が身のためかも。なにせ、相手は天下の NSA だ。

ちなみに、東京から三沢までの所要時間は、100km/h プラスアルファのスピードで走り続けて、約 8 時間というところ。誰も首都圏から日帰りなんて考えないとは思うけど、片道 730km ほどあるので、もしクルマで出かけるなら一泊するつもりで考えるべし。
私の場合、国道 4 号で盛岡まで引き返して一泊した。東京-八戸-三沢-六戸-盛岡と走り、走行距離は 830km ほど。実は、盛岡より青森の方が近いかも。

URL :
三沢 AB

Contents
HOME
Works
Diary
PC Diary
Defence News
Opinion
Ski
About


| 記事一覧に戻る |